2017年08月19日(土)
SST(ソーシャルスキルトレーニング)

そらいろネクストでは 障がいや発達の遅れ等により、様々な悩みを抱えられている児童・生徒さんに対して 普段日常生活で必要とされるルールやスキルの取得を目指し、様々な療育を行っております。

なかでも 学習障害(LD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、自閉症スペクトラム障害(ASD)等の理由により 学校やご家庭での学習に困難さを抱えている生徒さんに対しての学習支援については 保護者の皆様をはじめ 各関係機関より高いご評価を頂いておりますが、そらいろネクストが注力してしている もう一つのものが  “ SST(ソーシャルスキルトレーニング)” です

“ SST~ソーシャルスキルトレーニング  ”

日本語に直訳すると “ 社会的技能訓練 ” と いわれるもので 社会生活を営むうえでの ルールやマナー、他者と どのように関わっていくか 等を身につけていくための 練習・訓練となりますが、一言に “ ソーシャルスキル  ” といってもその かたちは様々で、たとえば “ 遊び ” や “ ゲーム ”といった娯楽のなかにも  “ ルールを守る ”、“ 他者と相談・協力する”、“ 勝敗を受け止める” など、様々な ソーシャルスキル が含まれますし、朝や 帰りの挨拶、身の回りの整理整頓なども 重要な ソーシャルスキルのひとつと考えられております。

 

このように 様々な  “ ソーシャルスキル ” があるなか、障がいや発達に遅れを抱えている児童・生徒さんに対して  その “ 訓練 ”  を実施する場合には、慎重なアセスメントにより 一人ひとりの個性や特性、様々な外部要因やその抱えられている困難さ等を充分に把握したうえで、入念な準備が必要となります。

 

今回は 先日そらいろネクストで実施しました “SST” の様子 をご紹介いたします

 

今回のテーマは  “ 保清 ”

中学生 女子を対象とし、身だしなみや衛生面に問題を抱えているお友達に対してどのように 対処すべきかという課題について、相手の気持ちや その原因についても考えながら、指導員による寸劇なども織り交ぜたロールプレイング方式で、その解決方法を考えていきます。

テーマの選定や内容・進行方法等については事前に何度も打ち合わせをし、リハーサル等も行っての実施でしたが、その甲斐もあって、大きな支障もなく順調にやり取りを進めることができました。

今回のSST、第一の目的は 相手の気持ちや 状況を考慮しながら自分自身の想いを相手に伝える “ 技術 ” の “ 練習 ” でしたが、いろいろな視点に立ち、様々な意見を交わしながら解決方法を模索していくなか、やがて 議論は、生徒さんたち自身の “ 身だしなみ ” や 衛生意識へと続いていきます…

 

SSTにおいて 常に完璧な方法や答えはないと思いますが、この活動が、生徒さん自身 他者との関係について思いを巡らせるきっかけのひとつになってくれることを願っております。

 

今回のテーマ以外にも、まだまだ沢山の課題がありますが、今後も試行錯誤を繰り返しながら より充実した内容のSSTを実施していきたいと思っております。

 

2017年08月06日(日)
調理体験 🍛

そらいろネクストでは夏休み期間中

特別プログラムとして様々な体験型実習を実施しておりますが

そのうちのひとつ  “調理体験” の様子をお知らせします  (^_^)

 

夏といえば やはり “カレー” ‼  (*´▽`*)

… と、いうわけで

今年の夏は みんなでカレー作りに挑戦しました !

 

まずは、手順を確認した後、金銭管理と算数のお勉強も兼ねて

お買い物から始めます …

 

材料が揃ったら 指導員の先生からの説明を聞いて

いざ、調理開始 ‼

 

… 玉ねぎのみじん切りに涙し、ジャガイモ・人参の皮むきに悪戦苦闘 !

 

今回は栄養満点、鶏むね肉をたっぷり使ったチキンカレー 🐔

肉と野菜を炒め、煮込んだあとカレールウ投入  (‘◇’)ゞ ‼

 

悪戦苦闘しながらも 何とか美味しいカレーの完成 ‼

みんな (職員も含めて)食べるのに夢中で

食べている様子の写真を撮り損ねてしまいました  …(^^;)

 

今回の体験を通して、調理や“食”そのもののに対する関心を高め、

ご家庭での自発的な お手伝いや、好き嫌いの克服等に繋がってくれたらいいな 🌝

 

 

2017年06月25日(日)
学習室レイアウト変更 ✐

HPやパンフレットをご覧になられている方はお気づきかもしれませんが、そらいろネクストの学習専用室が一部レイアウト変更となっております。

これまで 周囲に気がとられることなく課題等に集中できるよう“コ”の字の学習ブースとしておりましたが、指導員が生徒さんの目の動きや表情を確認しづらいというデメリットがあったため、今回、大胆にブースの前面をカットいたしました。

 

ちょっと落ち着かなくなるのではないかと心配しておりましたが、指導員と生徒さんの距離がぐっと近づき、より細やかな指導が可能になりました。実際、視界も広がり解放感も感じられるようになり、生徒さんからも実際に指導にあたる職員からも とても好評です。

 
… ちなみに、購入して間もない まだ真新しい学習ブースを切断するのは とても勇気がいりました … (^^;)

 

 

2017年06月01日(木)
植物観察 🍅

そらいろネクストは路面に面した複合住宅の一階にありますが

玄関前のわずかなスペースを利用して トマトのプランター栽培をしています

今日は みんなで観察日記をつけました

生育状態や植物の特徴などをよく観察し 絵日記風に記録をとっていきます

茎にはえた 無数の産毛や葉っぱの形などなど…

普段あまり気づかない細かいところに目を凝らし

誰もが真剣にペンをはしらせます

 

5月も終わり 小さかった苗もどんどん大きくなってきています

まるで 生徒さんの成長の姿 そのもののようですね

真夏にはたくさんの実をつけて、 今度は観るだけではなく

口いっぱいに頬張りながら 記録をとりましょうね  ☺

 

 

2017年04月23日(日)
✐ 学習支援につきまして ✐

普段、お楽しみ会や野外活動の報告等が多くなりがちで

なかなか、日常の活動内容をお知らせする機会がなかったのですが、

今日は普段の様子の一部をお伝えします ☺

そらいろ / そらいろネクストの大きな特徴の一つが

一人ひとりの特性に応じた きめ細やかな学習支援ですが

そらいろネクストでは個別ブースを設けた専用学習室で、

各自集中して課題等に取り組んでいます✐✐

集団療育や休憩時間中の、いつものくつろいだ笑顔とは違った

真剣な表情で取り組む様子にはとても感心させられます

基本的には 学校からの宿題やご家庭での取り組みのフォロー等が中心となりますが

全てのスタッフが 一人ひとりの習熟状況や苦手箇所を把握し、適切な支援を心がけております

 

 

そらいろ / そらいろネクストでの取り組みや、療育内容については

今後も当HPで紹介していきたいと思いますが

詳細等については、随時見学受付しておりますので

どうぞお気軽にお電話・お問い合わせ下さい ☺☺

 

2017年03月11日(土)
札幌市博物館活動センターにいってまいりました !

3月も中旬を迎え、日増しに春めいてきましたが

今日は、そらいろの生徒さん達も一緒に

札幌市博物館活動センター (豊平区平岸5条15丁目1-6)

“はくぶつかんのたまご展” にいってまいりました

アンモナイトや“サッポロカイギュウ”の大きな化石や展示物の他

顕微鏡を使っていろんなものを観察したり…

クイズラリーで札幌に棲むいろんな生物のことをお勉強したり…

昆虫や動物のキーホルダーをつくったり…

切り絵でつくった桜の花びらで枯れ木に花を咲かせたり…

札幌の桜開花日を予想したり…

幼児向けの飛び出す恐竜図鑑から大人向けの自然科学関係書籍まで

書物も充実していて、とても楽しく科学に触れ合うことができました

また、前述のキーホルダーの他、クイズラリーに答えて、

生き物ピンバッヂのプレゼントもいただき、みんな大満足の様子でした☺☺

博物館の皆さん どうもありがとうございました

今度は桜の咲く頃 また伺います

2017年02月17日(金)
《開設の御礼》 そらいろネクストについて

一昨年、H27年10月のそらいろ開設以来、たくさんの出会いに恵まれ、おかげさまで 本年2月、二号店 そらいろネクストを開設する運びとなりました。
これもひとえに、利用されている生徒さん、その保護者の皆様をはじめ、保育園・幼稚園、小中学校や児童相談所、各行政機関、地域の皆様、その他たくさんの方々のお力添えの賜物と感謝申し上げます。

さて、そらいろネクストの“ネクスト”なんですが、もちろん次店という意味合いがあるのですが、その他にも“~の側、~の隣”という意味があります。
本当にそらいろのすぐそばなんです。さすがに隣というわけではないのですが、小さな生徒さんの賑やかな笑い声が聞こえてきそうなほどです(もし、本当に聞えたらご近所迷惑ですが…)

そらいろネクストの“ネクスト~next”の前後には、実は いくつかの単語が省略されています。
進級・進学を控えられた生徒さんにとって、それは “to the next class、~次のクラスへ”であるかもしれませんし、何か目標に向かってがんばっている生徒さんやご家族の皆様にとっては “next step や next level、~次の段階”なのかもしれません。

“next to the future ”、ここが子供たちにとって“未来への入口”になることを目指し 職員一同、これからも より一層努力してまいります。